代表挨拶

『人生は変えられる』
どんな環境に生まれ育っても
思いがあれば夢は叶う

次世代IT社会を生き抜く知識を
挑戦できる学び舎を
すべての若者へ

私は福島県岩代町(現二本松市)で生まれました。中学校の全校生徒は100名たらず、地元にはコンビニや映画館、塾もないような田舎町です。大学進学のための大手予備校に通う場合は、隣県の宮城県仙台市へいかないとないという環境でした。

私はその環境が当たり前のものだと思い育ってきました。しかし復興支援のための教育支援プログラムに参加し、物理学オリンピックの全国大会に出場したときに、地方と都市部には、絶望するほどの教育格差があると気付きました。

都市部には学びたいと考えたらすぐ学べるような、習い事や学習塾の選択肢が豊富であること。何かに挑戦したいと思い立った時には、その道筋を提示し支援してくれる、大人たちとの出会いも数多くあること。都市部の生徒に話を聞いてこのことを知りました。

地方と都会。両者の間には圧倒的な情報格差、機械格差が存在します。地方に住んでいるだけで、未来の可能性が大きく制限されてしまう。どんな環境に生まれ育ったかで、人生の選択肢の幅が異なってしまう。これはおかしいと私は考えます。

私自身がそれを身を以て体感したからこそ、地方に住んでいる若者が、都会と同じような情報と機会を獲得できる社会を目指したい。そして今後格差をより広げるものがプログラミング教育格差であって、格差を是正しうるものがITスキルであるからこそ、私はプログラミング教育に関わりたいし、ITスキルを伝えたい。

これがクエストアカデミアのはじまりです。創業当時、地方在住の一大学生だった私には、ただ理想しかありませんでした。思い描いたものを形にできる実力もお金も人脈も無く、たった1人で始めました。

そこから上手くいかない日々に悩みながらも、走り続けて2年が経った2021年。今では熱い思いを持つ100名以上の仲間に囲まれ、「一緒にやろう」と言っていただける学校の先生方にも巡り会うことができました。

現代のIT社会に生きるすべての人々は、強い思いさえあれば、自分の人生を変えることのできる社会に既に生きています。それを気付くことが出来ていないだけ。

今まで年間で150名を超えるプログラミング学習中の方々と出会ってきましたが、理想の人生を叶えた人は、叶え方を知り学べる環境に身を置いていただけ。それ以外の差はありません。

可能性を引き出すために必要なのは、知らない世界と交わるきっかけとその世界に飛び込む少しの勇気。その環境に飛び込めば、思考が変わり、行動が変わり、そして人生が変わっていく。

人生を変える一歩を踏み出すサポートをすること。
それが私たちの仕事です。

人生を変えたい。その思いさえあれば、夢は叶えられる。そんな人たちが集い『理想の人生を探し求めることができる学び舎』を、私たちはみんなでつくっていきたい。

これからもクエストアカデミアは、生まれによらず夢を叶えられる社会、一生涯学び 挑戦し続けられる社会の実現を目指して、取り組んでいきます。

2021年吉日

代表取締役社長 石川 祐也